税の知識

信用情報センター

カードローンで新規に借り入れをする場合、必ず金融業者は信用情報センターへ問い合わせをして信用調査を実施します。信用情報センターとは、金融業者から提供される消費者の信用情報を収集し、データを登録管理して金融業者からの照会に応じて、そのデータを提供する機関です。

信用情報センターが収集する信用情報とは、消費者が金銭を賃借したり、商品をクレジットで購入したりした際の取引内容、支払い遅延等の客観的事実に基づく情報と、自己破産等の公的情報で、個人の返済・支払い能力に関する情報を指します。

信用情報センターは、信用情報の適正な収集と蓄積をしてそのデータを提供することで、消費者信用の円滑な発展の寄与しているのです。また、キャッシング会社は信用情報機関のデータを活用することで、多重債務の発生や過剰融資を抑制することも出来ます。

貸金業の規制に関する法律(貸金業規制法)や割賦販売法では、多重債務発生の防止を図るために与信業者は与信をするに際して、信用情報センターを利用するなどの方法で得たデータに基づき、支払い能力や返済能力を超えた貸付を行わないように努めることが義務づけられています。

個人信用情報

個人信用情報は他人に知られたくない個人に係る情報が含まれていることから、個人のプライバシーを保護する必要が発生します。そのため、個人信用情報を扱うものは秘密の保持、情報の正確性、目的外利用の禁止等尊守し、利用・管理する必要があります。

なお、審査の際には必ず本人確認が必要となります。本人確認は、金融業者の債券保全のためや不正防止や多重債務防止のためにも、一番重要なポイントになります。本人確認は身分証明書の提出とともに、居住地への電話では本人でなければ答えられないような事項を照合する場合もあります。