税の知識

超過利息返還請求権

超過利息返還請求権(excess in-terest repayment claim)とは、利息制限法の上限金利を超過する利息を支払った場合、返還請求できる権利のことです。但し、貸金業規制法43条「みなし弁済」が適用される場合には、返還請求は認められていません。

利息制限法の上限金利については、利息制限法で「その超過部分につき無効とする」としておきながら、「前項の超過部分を任意に支払った場合、1項の規定にかかわらず、その返還を請求することが出来ない」と規定されています。

一方、最高裁判所は昭和39年11月に、「債務者が利息制限法の制限を超える利息・損害金を任意に支払った場合でも、その超過部分は残存元本に充当される」という判決を出しています。

さらに昭和43年10月には、「債務者が利息制限法を超える利息・損害金を人気に支払い続けた場合、その超過部分を元本に充当し、計算上元本が完済になれば、その後に支払われた金額は返還を請求できる」という画期的な判決を出しています。

これに対して、昭和58年、貸金業規制法の制定に当たっては貸金業規制法43条で超過部分の利息支払いについて、「みなし弁済」の規定を設け、返還請求権を否定しました。

過払い金請求

上記のように明らかな超過利息を支払っていながら、「みなし弁済」という解釈で泣き寝入りしましたが、昨今、支払い請求が認めらたことは記憶に新しいです。そして多くの方が。過去に支払った過払い利息を請求し、返還されています。