税の知識

自由貿易について

輸入品を購入する企業や消費者からすれば、輸入品の値段は安いに越したことはありません。輸入品の攻勢で困っている国内の企業に対しても、努力をして輸入品に負けないような商品を作ればいいのではないでしょうか。つまり品質が高く安価な商品のことです。

国内産業が生産の効率化を余儀なくされることこそ自由貿易のメリットだというのは、市場競争を重視する経済学の立場からすれば正論かもしれません。しかし、外国企業が自分の国で販売してる値段より安く売り込んでくればどうでしょうか。

その外国企業は赤字覚悟でとりあえず市場シェアを獲得し、国内産業を市場から追いやった後で、独占的な地位を利用して荒稼ぎするかもしれません。

自由貿易協定

世界を見通すと世界全体で自由貿易体制を強めようという動きがある一方で、特定の地域や国の間だけで貿易を自由に行おうという動きも活発になっています。

その場合に結ばれる協定を、一般に自由貿易協定といいます。自由貿易協定を結んだ国の間では、関税の撤廃や、輸出入にかかわる手続きの簡素化を進めて貿易拡大が目指されます。しかし、協定を結ばなかった国に対しては、関税などこれまでの貿易障壁が維持されます。

比喩的にいえば、みんなで一斉に仲良しになるのではなく、とりあえず気のあった仲良しグループをつくってしまおうというしくみが自由貿易協定です。